エピタフ君のロックな日々


用賀のロックバー エピタフはロックをレコードでかけるお店。そこの店主が語る音楽、レコード、オーディオ、などなど、、、
by epitaph2006
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29

<   2012年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

6FQ7/6CG7

f0135263_20414525.jpg

現在使用中のプリアンプ、カウンターポイントSA3.1の調子がまた悪くなった。右チャンネルからハウリングのようなノイズが出る。前回の交換から1年半しか経っていないが、原因はプリの真空管だと思った。なぜかというと、、、えー、、何となく、、、勘である。ストックの6922(6DJ8)に交換したらノイズはしなくなった。勘は当たり、修理完了。
なのだが前から一つ試してみたいことがあったのでこの際やってみることにした。実はこのプリ、大変音がいいし気に入ってはいるのだが、使いにくいところがある。ゲインが高すぎるのだ。何か対策はないかとネットで情報を集めていたところ、別の真空管に換えることで約10dbゲインを抑えることが出来るという記事を見つけた。こりゃいいや!ってんでその真空管6FQ7/6CG7(写真右)を買っておいたのだ。今こそ使ってみようではないか。ま、差し替えればいいので簡単。
音は?いいんじゃないかなー。ボリューム位置も8時から8時半ぐらいになり使いやすくなった感じ。

が、交換から1ヶ月、だんだんと、徐々にじわじわと不満が膨らんでいった。音に芯がなく甘い。張りがない。
せっかく3千円もしたんだし、使いたいよなーとは思いつつもう限界だった。
昨日、もとの6922(6DJ8)に戻してみた。
劇的な変わりようだった。力強く生き生きした音。これがこのプリ本来の音だ!!!

貧乏根性の為に、真実にたどりつくのに一ヶ月もかかった哀れな男のお話でした。
[PR]
by epitaph2006 | 2012-02-22 22:09 | オーディオ

お気に入りブログ

メモ帳

最新のトラックバック

アースウィンドアンドファ..
from アースウィンドアンドファイア..
カロンの渡し守
from mc_kojitanの「独り言」
異動の季節
from mc_kojitanの「独り言」

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧