エピタフ君のロックな日々


用賀のロックバー エピタフはロックをレコードでかけるお店。そこの店主が語る音楽、レコード、オーディオ、などなど、、、
by epitaph2006
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

EAR861

f0135263_0463099.jpg

パワーアンプEAR861をお客様のご好意で4か月にわたりお借りすることができた。休日に店に運び込み早速試聴を始めたのだがアレ?っと思った。高音が強く神経質な印象。うちのアルテックとは相性が悪いかな、などと考えながら数時間レコードを聴いてその日は終了した。
翌日、同じような音だったらウエスギに戻そうかななどど考えながら聴き始めたのだが昨日とあまりの変わりように大変驚いた。激変。重心がぐっと下がり奥行きがありコクがあって神経質なところなど微塵もない堂々とした音。いい音だ。好きな音だ。
オーナーに聞いたら2、3年倉庫に眠っていたそうなのでウォームアップが必要だったのだろう。
4か月毎日聴いてきて『これ欲しい』と思った。
しかしオーナーは手放すつもりはないらしい。もしあったとしても少々予算オーバーかな?
[PR]
# by epitaph2006 | 2016-12-10 01:34 | オーディオ

UBORS10のボリューム交換

パワーアンプ、ウエスギUBROS10には音量調整のボリュームが付いている。
f0135263_20353528.jpg
私はプリのボリューム位置をやり易くするためパワーアンプのボリュームを活用しているのだが、なんせ30年経ったボリュームはガリが酷くなってきた。音像が左にスーッと寄ってしまうことが度々起きる。替え時かなと思った。
幸い、アルプス電気250kΩA2連ボリュームは入手可能。
f0135263_20362147.jpg

問題はこの美しく最短距離で配線された部品を取り外し、新しい部品をうまくはんだ付け出来るのか?ということ。
f0135263_20464926.jpg
真空管アンプを3台製作したことがあるじゃないか!(45年前だけど、、)と自分を励ましチャレンジすることに。
悪戦苦闘すること3時間、なんとか取り付け完了。(気持ちが先走り、写真撮り忘れました)
さて、音はどうなのだろう?
早速試聴開始したが、ふらつきがなくなり非常に安定した音になった。
そして音が綺麗になったのは歪みが減ったからだろうか?また、今まで埋もれていた音が浮かびあがって聴こえてくるのは解像度が上がったかのようだ。
当然、アンプの性能が向上したわけではなく初期の性能を取り戻したに過ぎない。
とは言うものの結果、大満足!
多少リスクはあったが交換して良かったと思う。
[PR]
# by epitaph2006 | 2016-03-21 21:18 | オーディオ

内部配線

アルテック718Aの内部配線をウェスタンエレクトリックWE18GA(復刻版)に交換した。
f0135263_1920588.jpg
ネットワークの接続は平型圧着端子だが入手しづらかったので半田付けにて対応。
f0135263_1923919.jpg

さて交換直後の音だが、上品である。シルキータッチな感じ。だが、元気がないようにも感じる。そこでそれまで10時の位置だったアッテネーターを12時まで上げてみると大分シャキッとした。
しかし翌日、高音が少し強く感じアッテネーターを少し下げる。そしてその翌日も同じことをした。そしてその翌日も、、、、
結局、元の位置に戻ってしまった。
ケーブルも使い始めはエージングが必要なんだと痛感。

一週間経っての改めての感想だが、以前より緻密な音だ。奥行きも増した。
変化量としてはごく僅かだと思うがより好ましい方向に振れた。
大変満足している。
[PR]
# by epitaph2006 | 2015-04-21 20:23 | オーディオ

mc2300

f0135263_18274087.jpg

「当分使う予定がないので使ってみる?」と、友人がマッキントッシュMC 2300を貸してくれた。早速アルテック718Aに繋いでみたのだが、その迫力に驚いた。音がグイグイ前に出てくる。
Deep purple のlive in Japan 、whoのlive at leedsなど最高だ。
しかし、ちょっとカサカサしたというか潤いに欠ける音に感じたので、昇圧トランスをかまして120Vで駆動し、接点をクリーニングしたりした結果、大分良くなった。と思う。
約2ヶ月使用し常用のウエスギに戻した。
常にパワーアンプが2台あるというのは実に心強いものである。
友人に感謝!
[PR]
# by epitaph2006 | 2014-04-01 18:29 | オーディオ

604-8Hのダイアフラム

f0135263_18123557.jpg

1ヵ月半ぐらい前、いつものように開店前に音のチェックをしている時、音が右に寄っているのに気がついた。まさかと思ったが、やはり左のツイーターから音が出ていない。
これはえらいこっちゃである。しかしまぁ、とにかく専門家の判断を仰ごうと思い、いつもお世話なっているiさんに来ていただいた。エンクロージャー(アルテック718A)を仰向けに倒し、ユニット(604-8H)を取り出し、ダイヤフラムの導通をチェックするとやはり断線していた。しかし半田付けが可能な箇所ということで修理をお願いした。修理はうまくいき604-8Hは復活した。
ダイヤフラム交換ということになれば、アルテック名義のダイヤフラムは入手可能であるが、全くのオリジナルでは無いので左右とも交換すればそれなりの金額になる。他のメーカーは安いが不安がある。ということで修理がうまくいって万々歳、、、、、のはずであった。が。
なんか音が変。音の定位と低音が変。位相?結線が逆?という事はすぐに思ったが他にも原因があるかもと、アッテネータをいじったりアンプをチェックしたりいろいろやってみたが良くならなかった。結局10日ぐらいして意を決し、左のスピーカーを倒してユニットを取り出してみたらウーファーの結線が逆だった。やっぱりなという思いと、なんでもっと早くやらなかったんだという思いが頭の中を交錯している。
少し言い訳をさせていただくと、スピーカーの調子が悪くなる少し前にアンプをマッキントッシュMC 2300に交換していた。このアンプの状態もよくわからなかったので、もしかしてアンプが故障している可能性もあると思ったわけである。ま、言い訳ですけど、、、、、
修理をお願いしたiさんにはとても感謝している。ありがとうございました。
今度こそ万々歳!          (MC2300のレビューはまた後ほど。)
[PR]
# by epitaph2006 | 2013-12-20 18:24 | オーディオ

お気に入りブログ

最新のコメント

ガラード301+オルトフ..
by 店主 at 14:13
秋葉原にも、オーディオ専..
by 松島隆之 at 01:55
そうだったんですか。アン..
by epitaph2006 at 18:33
2つの真空管は別物でヒー..
by 111 at 07:51
松島様 コメントありが..
by epitaph2006 at 19:39
普通の国内盤LP.CD二..
by 松島 at 22:34
はい。店主の天才的勘以外..
by BOGGY at 22:20
そうなんですよ。 スタ..
by 店主 at 19:59
ゼンハイザーのヘッドフォ..
by mats at 13:26
フリーの話題という事で飛..
by アルテッチャン at 14:19

メモ帳

最新のトラックバック

アースウィンドアンドファ..
from アースウィンドアンドファイア..
カロンの渡し守
from mc_kojitanの「独り言」
異動の季節
from mc_kojitanの「独り言」

ライフログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧